2011.11.16 Wednesday 09:55
 おはようございます。こんにちは。そしてこんばn(ry …おにぎりです。

 今回は南矢名(みなみやな)・北金目(きたかなめ)・真田(さなだ)の三大字にまたがって存在していた大塚所(おおつかどころ)の古墳群についてご紹介いたします。

 バス通りの烏啼坂(からすなきざか)を登りきった平坦な丘の上は、かつてはそのものズバリ「大原(おおはら)」と呼ばれていました。大原は南矢名三丁目の東部のほか、真田にもまたがっていました。

現在の東海大学湘南校舎の一号館北側周辺の平地です。

字大原あたり(一号館北側)
字大原あたり(一号館北側)


 そして現在の一号館と四号館周辺には冒頭で申し上げた大塚所という字名があり、ここには「灰塚(はいづか)」と「金蔵坊塚(こんぞうぼうづか)」という古墳が存在していました。

一号館の北西側に並ぶように存在していたといわれています。

一号館周辺略図
塚周辺の地図

塚周辺
塚のあったあたり(一号館北西側)


 金蔵坊塚も灰塚も名称の由来は不明らしいですが、私は金蔵坊塚は地主などこの土地の関係者にちなむ名称で、灰塚は「ハイ」が「這う」などに通じ「伏せたような形の塚」のような意味ではないかと思います。

現在は移設されて「望星塚(ぼうせいづか)」の記念碑がたっています。

望星塚記念碑
望星塚記念碑


 ちなみに大塚所は古くは「大塚戸(おおつかど)」と呼ばれていました。大塚戸の「ど」は「止め処なく」などの「ど」と同じく「場所」の意味なので、どちらにせよ「大きい塚のあるところ」の意味です。

 またここ以外にも湘南校舎内には無数ともいえる古墳が点在しており、現在でも校舎内を掘り返すと土器片が出土することがあります。

(※無断採掘はやめましょう)

 そういえば今日は11月16日ですが、明日は11月17日、湘南校舎所在地の旧地番と同じ1117ですね…。


 それではまた!


バックナンバー
第二十六回『宮田橋』
第二十五回『田んぼ、名残、学前にて』
第二十四回『南矢名‐曽屋 うとう坂を登る』
第二十三回『真田・大谷津沢を遡る(支流編)』
第二十二回『真田・大谷津沢を遡る(本流編)』
第二十一回『矢名八窪(天保編)』
第二十回『忘れられた清流・雉ヶ谷戸』
第十九回『そもそもなんで大根は「大根」なの?』
第十八回『烏啼谷戸とかない道(後編)』
第十七回『烏啼谷戸とかない道(前編)』
第十六回『落幡ってどんな場所ですか?(後編)』
第十五回『落幡ってどんな場所ですか?(前編)』
第十四回『矢名八窪(南矢名編)』
第十三回『矢名八窪(北矢名編)』
第十二回『おすわさんと諏訪ノ沢』
第十一回『ヒブリとあからしの頃』
第十回『とある根丸島の古代集落』
第九回『横井戸のおはなし』
第八回『大根地区に眠る「塩」の地名・その二』
第七回『大根地区に眠る「塩」の地名』
第六回『南矢名の宿場町・宿矢名』
第五回『北矢名にあった幻の寺院・長昌院に迫る!』
第四回『武将・真田与一と真田城』
第三回『谷戸の街・真田』
第二回『南矢名の景勝地・烏啼』
第一回『一本橋の堰と烏啼の堰』
新コーナー始まります!
| おおねの語り部 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://www.ohne-sanpo.com/trackback/998
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM