2011.08.31 Wednesday 04:15
おにぎりです。今回は第十三回・第十四回で紹介させていただきました『矢名八窪(やなはっくぼ)』の天保期版をお送りします。

こんごくぼ
こんご久保

現在の金剛久保
現在の金剛久保

金剛久保(こんごうくぼ)

 …前回の雉ヶ谷戸の回でも紹介しました『相模国大住郡南北矢名村絵図』)には「こんご久保」という形で登場します。現在の南矢名四丁目の大根中や秦野精華園の北側にある窪地を指した名称でした。

 名称は「金剛(=こんご)」が古語の「こごし」に由来する「岩がゴツゴツ重なってけわしい所(の窪地)」、または「カハ(川)・ゴ(処)」の転じたもので「川のある所(の窪地)」の意味と推測できます。

 私は窪地であることと湧き水の多い土地であることから、後者の川のある窪地のほうが説得力があるように感じます。

にしのくぼ
にしのくぼ

現在の西ノ久保
現在の西ノ久保

西ノ久保(にしのくぼ)

 …北矢名のおおね台団地とさわやか農園のある台地の間にある窪地を指した名称であると思われます。

 名称は田中(たなか)・谷戸(やと)などの集落からみて西側に位置する窪地であることからその名前がついたと思われます。


 (8/31追記)金剛久保・西ノ久保の写真をアップいたしました。西ノ久保は今でも窪地の畑ですが金剛久保は住宅地に変貌しています。


 次回(第22回)は9月7日です。


バックナンバー
第二十回『忘れられた清流・雉ヶ谷戸』
第十九回『そもそもなんで大根は「大根」なの?』
第十八回『烏啼谷戸とかない道(後編)』
第十七回『烏啼谷戸とかない道(前編)』
第十六回『落幡ってどんな場所ですか?(後編)』
第十五回『落幡ってどんな場所ですか?(前編)』
第十四回『矢名八窪(南矢名編)』
第十三回『矢名八窪(北矢名編)』
第十二回『おすわさんと諏訪ノ沢』
第十一回『ヒブリとあからしの頃』
第十回『とある根丸島の古代集落』
第九回『横井戸のおはなし』
第八回『大根地区に眠る「塩」の地名・その二』
第七回『大根地区に眠る「塩」の地名』
第六回『南矢名の宿場町・宿矢名』
第五回『北矢名にあった幻の寺院・長昌院に迫る!』
第四回『武将・真田与一と真田城』
第三回『谷戸の街・真田』
第二回『南矢名の景勝地・烏啼』
第一回『一本橋の堰と烏啼の堰』
新コーナー始まります!
| おおねの語り部 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ohne-sanpo.com/trackback/938
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM