2011.06.29 Wednesday 05:26
  おにぎりです。前回・前々回で『落幡ってどんな場所ですか?』と題し鶴巻(つるまき)が落幡(おちはた)と呼ばれていた頃の紹介をいたしました。

 今回は第一回・第二回で紹介した烏啼(からすなき)とそこを通るかない道(−みち)をご紹介いたします。
日の出橋
暘橋

 駅前商店会のメインストリートにかかる暘橋(ひのでばし)。難読・難記で有名です。なんでも元々は普通に「日の出橋」と書いていたらしく、その名前は橋のそばにあった「日の出」という飲み屋さんに由来するといわれています。因みにこの橋から東側が烏啼です。

 (写真では左側です。)

 この橋を渡り、近道商店街の方面に進んでいくと、とても細い路地が交差します。その路地がかない道です。この道を左に曲がって進んで行くと…
 
かない道@烏啼谷戸
かない道@烏啼谷戸

 少し道幅が広くなり、住宅地の路地のような感じになりました。どことなく落ち着く雰囲気です。因みにかない道の「かない」とは現在の金目(かなめ:平塚市金目地区)のことで、昔は「かねえ」などとも発音していました。

 この「かない」に「金日」と当て字され、それが後に「金目」と書かれるようになり音も字に引きずられて「かなめ」と読むようになったといわれています。

この金目の語源ですが「川沿い(この場合金目川)の集落」や「鍛冶関係の土地である」などの説がありますが、まだはっきりとはしていません。

 (私も“「かない」は「河内」で「川の内側の土地/川沿いの低地」の意味”…などと推測してみたのですが、歴史的仮名遣いが「かなひ」なのでどうも違うようです。)

 次回は来月13日、かない道の全容についてお送りしたいと思います。ではまた><*


バックナンバー
第十六回『落幡ってどんな場所ですか?(後編)』
第十五回『落幡ってどんな場所ですか?(前編)』
第十四回『矢名八窪(南矢名編)』
第十三回『矢名八窪(北矢名編)』
第十二回『おすわさんと諏訪ノ沢』
第十一回『ヒブリとあからしの頃』
第十回『とある根丸島の古代集落』
第九回『横井戸のおはなし』
第八回『大根地区に眠る「塩」の地名・その二』
第七回『大根地区に眠る「塩」の地名』
第六回『南矢名の宿場町・宿矢名』
第五回『北矢名にあった幻の寺院・長昌院に迫る!』
第四回『武将・真田与一と真田城』
第三回『谷戸の街・真田』
第二回『南矢名の景勝地・烏啼』
第一回『一本橋の堰と烏啼の堰』
新コーナー始まります!
| おおねの語り部 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ohne-sanpo.com/trackback/882
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM