2011.04.20 Wednesday 05:32
 おにぎりです。今回は北矢名(きたやな)の知られざる「おすわさん」とそのそばを流れる沢についてお送りします。

 おすわさんはその名前からも分かる通り、正式名称を「諏訪大明神(すわだいみょうじん)」といい、江戸時代末期の安政三年(1856年)に長野県諏訪にある諏訪大社から、ここ北矢名の地に勧請(神仏に来てもらうこと)されました。
 
おすわさん
おすわさん

 見た目は小さな石の祠ですが江戸期の北矢名村の記録(相模国風土記稿)や絵図(相模国大住郡南北矢名村絵図)にはきちんと「諏訪大明神」の記述があり、村の鎮守様として敬われていたことが伺えます。

ちなみに、後ろを振り返るとそこは雄大な景色が…!相模国(さがみのくに:神奈川県から川崎と横浜東部を引いた地域)を一望できます。
 
遥かに広がる相模国
遥かに広がる相模国

 ところで、おすわさんのある山の尾根近くには「諏訪ノ沢(すわのさわ)」という沢があります。もちろん、「おすわさんの近くから流れてくる沢」の意味です。

私がこの写真を撮ったのは三月上旬のころで、この頃は梅林と沢がいいコントラストを織り成していました。大切にしたい場所ですね。
 
梅林と諏訪ノ沢
諏訪ノ沢と梅林

 御高覧ありがとうございました。次回は5月4日を予定しております。

バックナンバー
第十一回『ヒブリとあからしの頃』
第十回『とある根丸島の古代集落』
第九回『横井戸のおはなし』
第八回『大根地区に眠る「塩」の地名・その二』
第七回『大根地区に眠る「塩」の地名』
第六回『南矢名の宿場町・宿矢名』
第五回『北矢名にあった幻の寺院・長昌院に迫る!』
第四回『武将・真田与一と真田城』
第三回『谷戸の街・真田』
第二回『南矢名の景勝地・烏啼』
第一回『一本橋の堰と烏啼の堰』
新コーナー始まります!
| おおねの語り部 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ohne-sanpo.com/trackback/815
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM