2011.02.09 Wednesday 01:03
 おにぎりです。二月になりましたね\(^o^)/

 今回は、私が大根地区の地名を研究していて気付いた特徴である「大根には“塩”の付く地名が多い」についてお送りいたします。

 まず大根地区にある塩の付く地名を挙げると、北矢名(きたやな)に塩ノ宮(しおのみや)、南矢名(みなみやな)と北矢名にまたがった塩河内(しおこうち)、そして鶴巻には塩久保(しおくぼ)と塩貝(しおがい)という地名があります。

塩貝橋
新川に架かる塩貝橋

 具体的な場所は、塩ノ宮が東名高速道路沿い、塩河内は東海大学前駅の北側で小田急線にクロスする川の名前及びその流域の地名、塩久保は鶴巻温泉駅を西に進んだ北矢名との境、塩貝は鶴巻温泉駅のすぐ近くで、上の写真の通り新川(しんかわ)沿いの地域です。


 この「塩」の意味ですが、どうにも一筋縄ではいかないようです。
まず地名辞典をひも解くと「“シホ”の当て字で“しぼんだ地形の場所”の意味」とあります。
実際にこのような地名は山の近くにあることが多く、栃木県の塩原温泉の塩原(しおばら)も“しぼんだ形の原っぱ”の意味とされています。

 しかし、この他にも「秦野地方の地名探訪」という書籍には「塩はこの辺りの塩分及びカルシウム分を含んだ湧き水に由来する」とあるのです。

実際に大根地区が誇る温泉郷・鶴巻温泉は、もともと飲用目的で掘った井戸が塩辛くその目的に使えないがために浴用としたことにはじまるといわれています。
また、この塩辛い湧き水のせいで、かつて落幡村(おちはたむら:現在の鶴巻)ではイネが枯れるなどの被害も出ていました。

 そして、どちらも説得力がある「塩」の地名の意味についてですが、
私はしぼんだ形に由来するのは「川と川が合流する地点のしぼんだ地形」を意味する塩河内のみで、
それ以外の塩ノ宮・塩久保・塩貝は鶴巻温泉の泉質のように塩辛い湧き水に由来し、それぞれ「塩辛い湧き水のある原野(ミヤは原野の意味)」、「塩辛い湧き水のある窪地」、「塩辛い湧き水があるところ」の意味と推測しています。

塩河内川
塩河内川(蛇久保川とも)

 ちなみに、北矢名の塩ノ宮あたりでもかつて泉脈が発見されたとの情報があるそうです。…でも無断で掘ったらいけないですよ?

 今回も御高覧ありがとうございました( ´ω`)次回のおおねの語り部は2月23日です。

バックナンバー
第六回『南矢名の宿場町・宿矢名』
第五回『北矢名にあった幻の寺院・長昌院に迫る!』
第四回『武将・真田与一と真田城』
第三回『谷戸の街・真田』
第二回『南矢名の景勝地・烏啼』
第一回『一本橋の堰と烏啼の堰』
新コーナー始まります!
| おおねの語り部 | comments(1) | trackbacks(0) |
Comment
2011/02/11 9:35 PM posted by: おにぎり
コメント・感想などおまちしております><*
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://www.ohne-sanpo.com/trackback/765
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM