2014.08.29 Friday 22:12
 皆さんご無沙汰しております。おにぎりこと地名の宇田川です。

 このたび、広島水害で亡くなられた方にはこの場をお借りし、謹んで哀悼の意を申し上げさせていただきます。

 地名のいわれはその土地の伝承などと一緒にかたられることが多いことは、みなさまご存じのとおりと思います。

 その伝承の真偽よりも地名語彙と地形が対応しているかをまず確認して、そこから伝承を読み直せば「先人が本当に伝えたかったこと」や「伝承の比喩が指していることの本質」がよりわかりやすくなるのもまた事実です。

 今回の広島水害の激甚被害地の一つ・八木(やぎ:広島市安佐南区)のなかでも特にひどい被害があった八木三丁目にあたる古い小字名に「蛇落地悪谷(じゃらくじあしだに)」なるものがあることが近日盛んに報道されております。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140827/dst14082703100002-n1.htm
(産経抄「地名は警告する」(2014年8月29日22時閲覧))

 私の専門は地名ですが、地名は字よりも音の方に重点があり、字は音をあらわすための当て字にすぎない場合がほとんどです。

 この場合の「じゃらくじ(蛇落地)」という地名は「じゃら」と「くじ」からなる地名です。「じゃら」は「ざる・ざれ」と同源で「崩壊地」、「くじ」は「朽ち・崩れ」と同源で「崩れやすい崖」と解釈できます。

 「あしだに(悪谷)」は「あし」が「低湿地」で「湿地になっている(≒水捌けの悪い)谷」のような意味でしょう。

 ちなみにメディアでは「八木の旧名は八木蛇落地悪谷で、八木は近年になってついた地名」としています。

 しかし八木は倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう:平安時代の百科事典)に登場する養我郷(やがのごう)の比定地とされ、この「養我」という地名も「養義(やぎ)」の誤記とする説が広く言われており、古くから八木地区は「ヤギ」と呼ばれていたようです。


 そして、古くからの地名は今回のケースからもわかる通り地形や地質に由来するものが非常に多いのです。では、実際に国土地理院の土地条件図(その土地の地形・地質のデータがわかる地図)の八木三丁目(蛇落地悪谷)付近を見てみましょう。

http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/index.html?lat=36.953946&lon=136.794433&z=6&did=JAIS&lkey1=lcm25k_2012&lopa1=1#lat=34.48209&lon=132.49326&z=6&did=JAIS&lkey1=lcm25k_2012&lopa1=1&zoom=16&layers=BTTTT
(国土地理院「地理院地図」(2014年8月29日22時閲覧))

 緑色になっているのは山林、八木の新興住宅地の過半をカーキ色(扇状地)が占めていることがわかります。これは山から降りてきた沢が運んできた土砂によってできた地形であることをあらわしており、今回のような災害は不可避であったことが窺い知れます。

 そういえば、「八木」という地名の語義を説明していませんでしたが、これは「細長い土地」や「(柳などの植生による)湿地」を指すとされ、沢による浸食・開析によって生じた地形であることがわかります。土地条件図の地形とも符合しますね。

 このように、地名は現代に生きる我々に有用なあるいは警告となる情報を伝えてくれるデータベースと言えるものなのです。

 以上、おにぎりこと地名の宇田川でした。
 
| おおねの語り部 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
2014/08/30 12:23 AM posted by: 小鳥遊(たかなし)
はじめまして、大変興味深く読ませていただきました。
今回の被災地からは遠いですが、広島市に住んでいる者です。
地名は音が重要で、充てられる字はよく変化するということは、私も以前本で読んだことがあり、宇田川さんの記事にそれを改めて気付かされました。
ところで、先日図書館で、地元の町史を読んだところ、少なくとも「上楽寺」の地名は江戸時代から存在していたことがわかりました。
そのためブログで、「じょうらくじ」が逆に「じゃらくじ」に変えられた可能性はないかというような妄想を書いたのですが、「ざる・ざれ」のことばは、「じょうら」よりは「じゃら」の方が近いですから、宇田川さんから見ると、そういう可能性はあまり考えられないということになるでしょうか。
2014/12/06 11:01 AM posted by: 花山大吉
これから寒さも厳しくなりますので、被害にあわれた方々は体調にお気をつけ下さい。

最近は自然災害が多くなってきたような気がします。昔の人が地名に残したものに災害を未然に防ぐヒントのようなものが見つけられれば被害を小さくすることが出来るかもしれませんね。
そうした意味で地名を見直すことが大事なことかもしれないと教えてもらいました。

国土地理院の「地理院地図」のことを今日はじめて知りましたが、とてもおもしろいですね。しばらくはまりそうです。
ほかにもありましたら、ぜひご紹介ください。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ohne-sanpo.com/trackback/1896
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM