2012.07.16 Monday 01:34
 突然忙しくなったので散々遅れて本日掲載です。…ごめんなさい><

 …というわけでおにぎりです><…今回は前回に引き続き江戸期の烏啼(からすなき)周辺を題材にお送りいたします。

 まずは前回の地図をもう一度見てみましょう。

清書
烏啼谷戸・五反田概略図


 今回はこのうち、右側(西)にある「谷(やと)」「ごたんだ」についてお送りします。

(地名の漢字表記はおにぎりによるものであり、出典はございませんのであしからず。)



やと
やと@五反田


●やと/谷戸

 …二つの谷戸のうち、あえて呼び分けるなら「五反田谷戸」とでもいうのがいいのかもしれません。

 現在の南矢名二丁目西部にあたる地域です。さざんかのある谷の地形になっているところに相当します。

 このようになる前は現在の烏啼のように奥までなだらかな谷になっていたらしいです。


ごたんだ
五反田


●ごたんだ/五反田

 …さざんかの下、安藤病院(秦野厚生病院)の駐車場や畑やこじんまりとした雑木林のあるあたりです。

 五反田とは東京の五反田も有名ですが、全国各地にある地名で田んぼの面積が五反ほどあったところについています。

 ちなみに一反は約300坪で、単純計算で300×5=1500坪分の田んぼがこの地にあったようです。広い。


 次回は江戸期の烏啼谷戸編・たぶん最終回です><


バックナンバー
第四十一回『烏啼谷戸と字名と(中前編)』
第四十回『烏啼谷戸と字名と(前編)』
第三十九回『大根駅と東海大学前駅(後編)』
第三十八回『大根駅と東海大学前駅(前編)』
第三十七回『真田の門前町・寺尾』
第三十六回『学前の御徒町・雑敷』
第三十五回『北矢名・一ノ沢の滝壺』
第三十四回『地名の歩き方と車橋』
第三十三回『鶴巻芦谷の鎮守様・多賀宮』
第三十二回『真田のラストオアシス・中ノ谷津』
第三十一回『真田へ谷戸の名残をさがしに』
第三十回『お地蔵さんとお山王さんと堂坂』
第二十九回『原 久胤と下大槻』
第二十八回『下谷戸』
第二十七回『大塚所の古墳群』
第二十六回『宮田橋』
第二十五回『田んぼ、名残、学前にて』
第二十四回『南矢名‐曽屋 うとう坂を登る』
第二十三回『真田・大谷津沢を遡る(支流編)』
第二十二回『真田・大谷津沢を遡る(本流編)』
第二十一回『矢名八窪(天保編)』
第二十回『忘れられた清流・雉ヶ谷戸』
第十九回『そもそもなんで大根は「大根」なの?』
第十八回『烏啼谷戸とかない道(後編)』
第十七回『烏啼谷戸とかない道(前編)』
第十六回『落幡ってどんな場所ですか?(後編)』
第十五回『落幡ってどんな場所ですか?(前編)』
第十四回『矢名八窪(南矢名編)』
第十三回『矢名八窪(北矢名編)』
第十二回『おすわさんと諏訪ノ沢』
第十一回『ヒブリとあからしの頃』
第十回『とある根丸島の古代集落』
第九回『横井戸のおはなし』
第八回『大根地区に眠る「塩」の地名・その二』
第七回『大根地区に眠る「塩」の地名』
第六回『南矢名の宿場町・宿矢名』
第五回『北矢名にあった幻の寺院・長昌院に迫る!』
第四回『武将・真田与一と真田城』
第三回『谷戸の街・真田』
第二回『南矢名の景勝地・烏啼』
第一回『一本橋の堰と烏啼の堰』
新コーナー始まります!
| おおねの語り部 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ohne-sanpo.com/trackback/1302
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM