2012.03.28 Wednesday 17:32
 こんにちは。今回は今ニュースでも非常に取り上げられている「消費税増税」がテーマになります。この消費税増税について考えた後にこのニュースを見ていた私の考えを述べたいと思います。

さて本日のニュースでも増税法案に関するものがありました。民主党は増税する方針のようですね。
消費税法案修正、前原氏に一任 増税反対派はなお反発 - MSN産経ニュース 

 私はこの増税へ向かう流れの中で疑問が2つあります。1つ目に本当に増税して効果があるのか(国民のためになるのか)ということです。今回の増税の流れについて考えてみたいと思います。

 本当に増税して効果があるのかについて検証してみましょうか。税目別の税収推移のグラフが財務省のホームページにあるので覗いてみましょう。
注目すべき流れは平成8年(1996年)以降平成12年(2000年)までの流れですね。
平成8年から9年に掛けては消費税収は大幅に伸びていますがその後伸び幅が落ち着いていきながら平成12年になると減収となっています。
 平成9年というと消費税が3%から5%に引き上げた年です。その年までは前年までの好景気を受けて税収が大きく上がりました。しかしながら平成10年からは景気後退時期に突入し結果的には税収額を思うように伸ばせていないことが分かると思います。つまり消費税というものは好景気の時にあげた方が効果的だという考えにも繋がると思います。

 ましてや今は原油高もあり物価が上昇(WTI価格より)してきてる中,デフレ(GDPデフレーターより)という環境で,ただのデフレというよりはスタグフレーションという局面に差し掛かっていると思います。これから物価が上昇しデフレが進むというスタグフレーションの流れが進行していくと震災から再興してきた経済もまた後退させてしまう危険性があります。

また先日このような報道もされました。
民主審査、27日に打ち切り=低所得者対策に4000億円―消費税法案 - WSJ日本版 -

増税して税収を増やすという行為をしながらまたバラマキをするというのです。
もはや何をしているのか分かりませんね。増税した効果を相殺するような行為です。
 
 以下はこの増税の流れを見ていた私の感想になります。

 この増税の流れを見ていて私が思ったことは日本の今後の方向性が見えなくなってしまっていること,そして信用とはなんだろうということです。
 政府は東北を中心に東日本の復興を第一に考えているものだと思っていました。その中でいきなり増税の話が持ち上がってきた。何をこれから優先していくのかが分からない。また増税をしないと言っていたのに簡単に約束が破られてしまう。マニフェストや公約ってなんだったんでしょう。国民が政治をしっかり評価していくことに重要性が増していますね。
 日本全体として政治の分野を軽んじて見てきた結果(教育内容なども含めて)が今の国会なのではないか。それが今回の私の結論です。
| Go!日本 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ohne-sanpo.com/trackback/1148
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM