2012.02.29 Wednesday 21:59
 こんにちは。社会解説部長という役割をこないだ貰いました,ごうです。

経済学科で専門ではないですが少々知識はあるのであまりテレビとかで語られないところまで少し語っていけばいいなと思います。短い間ですがお付き合いください。

今回は社会解説部長としての任務を果たすべく「TPP」について私自身の意見を含めながら書きます。

これはおおねの街に住む人だけではなくて日本全国の人が関わってくる問題ですから多少理解はあってもいいでしょう。昨年からワイドショーや時事問題を扱うテレビ番組,新聞などでも良く目にしましたよね!

知っている方も多いと思いますがTPPとは何?ってことから話していきましょう。

TPPとはTrans-Pacific Partnershipの略で環太平洋パートナーシップとよく紹介されていますが実はこれは正式名称の略称のことなんです。

正式名称はなんていうかというと「環太平洋戦略的経済連携協定」と日本語ではいい,
Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreementと英語ではなります。

赤字で塗ったようにTPPというのは実は自由貿易進めて行く中での枠組みではEPAという形を
取っているのです。よく中学や高校での先生はFTAとEPAはどっちも一緒だから気にするなとおっしゃっていましたが,実際その通りでどちらも自由貿易を進めていく枠組みであることには変わりないのですが・・・FTAは狭い範囲(関税だけなくそうetc)・EPAは広い範囲(関税だけではなく他のことについても障壁なくそうよetc)というような違いがあると漠然と覚えて貰うと
今回のTPPについては分かりやすくなると思います。

今回は日米や東南アジアの諸国なども含めた太平洋に面する国々との多国間のEPAであるのです。なので通常なら関税だけで揉めるはずですが・・・・

今回は21分野もの議論しなければならない話題があるのです。
(参考:日経ビジネス2011.11.7 )

特に私達に関税の他で言えば知的財産権,サービスに関連することと制度的事項が関わりあると思います。それぞれについて簡単に書いていきますね。

・知的財産権
模倣品や海賊版の取締に関してですね。日本のゲームなども外国では正規品ではないものが
安値で売ってあったりするなど日本についてはダメージを被っているので規制を厳しくするように求めていくことができます。知的財産権も今までのものと数年後では大きく違うという可能性があります。

・サービス関連
サービスに関するものは金融・通信・サービス業が海外に進出しやすくなりビジネスチャンスを獲得することができます。共に入国や滞在ルールなども手続きが楽になったりすることで迅速化されます。

・制度的事項
国民皆保険制度が崩れると言われているように制度的な面も話していかなければなりません。私達にとってはこの制度はなくてはならないものですよね・・・しかしアメリカなど他国からすると保険事業の参入の障壁となってしまうということからでした。アメリカではオバマが国民皆保険制度のようなものを入れようと思っているようなので日本はここで国民皆保険制度の良さをアピールしてアメリカとか他国でも導入するようにするといいんじゃないかなと私は思います。制度的なものでも改正していくものが今後出ていくかもしれません。

このように関税の他にも問題は山積ですよね。

またTPPでの論争の中で非常に反発していたのは農業界でしたね。
この日本の農業という点にも考えていきます。(GMも気にしていたので)
TPPでは経済を活発にさせるいいことも多いこともあるんですが,やり口によっては悪くなってしまうこともあるのです。それがこの農業。

現状のままだと関税を完全に排除した時点で(米を単純1種の品と仮定するならば)価格競争では負けて農業衰退の一途は目に見えますよね。崩壊となるとは思いませんが一部の高価格帯でブランド戦略を展開して成功している農家や自家消費の世帯以外は米農家辞めますよね。

しかしこれは単純にこの通りにいくとは限りません。日本の消費者は世界でも成熟している方なので品質や味などの基準によっては日本の消費者に外国産のものは合わず日本の米を選ぶということもありうると思います。今後の話し合いで内容が決まっていくのはなんとも言えません。
もし農業で特に米の生産などを続けていくとしたら価格を落とす他は生き残っていく余地はないと思います。(単純に争うならば)価格競争で挑んでいくのであれば生産性を上げる企業的な農業経営が必要になっていくでしょうね。

ただアメリカ国内では自由貿易を進めている裏でスーパーでは目のつきやすいところに地元の農家の野菜を陳列するなど地産地消を進めているというのもテレビ番組で紹介されているのを見たことがあります。

うとう坂リィベリートのように地産地消の習慣が各地でついていけばもしかしたら農家を救うこともできるのかもしれませんね!あ、記事を見てお腹が減ったみなさんうとう坂リィベリートをどうぞ。(ニドワールさんで売ってますよ)

最後に,このTPPに参加するにあたって日本が重要としていく点を私なりの解釈で伝えます。

日本は間違いなく輸出の活性化や新興国への日本企業の進出を狙っていくべきです。
中国や韓国は通貨安・FTAなどの枠組みを進めており,安い製品を海外に売り新興国で存在感をみせています。日本企業は歴史的な円高もあり,そのようなシェアを奪っていく国に比べて関税などの観点からもどうしても競い負けてしまっているのです。
日本企業が今後生き残りをかける中で国内では昨年の震災の影響もあり大規模な工場の海外移転などが進んでおり産業の空洞化も心配されています。このような悪循環を食い止めるためにはこのTPPに積極的に参加する他ないのです。

TPPは日米共に戦っている構図がテレビなどでは示されていますが,アメリカは今後の世界での地位を保つためにも同じく新興国に国内企業を進出させて経済を活発にしようとしているんだと私は睨んでいます。(日本経済新聞社編 90分解説TPP入門 にも同様の内容が書いてありました)

内容にかんしては1回分で網羅することはできません。
とにかく21分野あり細分化すると議論にキリはありません。
私達消費者は確実にTPPに加入すると安い品物が買えるようになります。
しかしその裏で農業の業界などを初めとして影響を被っているところが出ているのかも
しれないということは頭に留めておかねばなりません。
不利益を被ってしまう人たちにはどうすればいいかをこれから私達国民は考えていかなければならないでしょう。

これで以上になります。
最後まで見てくださって方ありがとうございました!
記事の更新遅くなってすいません。ごうでした。
| Go!日本 | comments(5) | trackbacks(0) |
Comment
2012/03/01 3:11 AM posted by: 下河原のりゅ(ここまででわかってね笑

持論もあったが、貴殿が捉える一般論がうまく見えてきてきました。
一方で、もう少し端的に良い点と悪い点を明確にして論じて欲しいとも思いました。
TPPの議論は最近では取り上げられることも少なくなり私的には危機感を抱えています。多面的な問題を報じることの難しさもありますが、マスメディアの実状を考えれば致し方ないということなるでしょう。
引き続き、またなんかあれば読みたいので、プロモーションしてくださいね。



なーんて。笑
また自転車に乗りながらみんなに馬鹿にされるような夢や使命感とか語りたいね。笑
2012/03/01 3:12 AM posted by: りゅ


あっ、日本語おかしいところあったわ、すまそ。
2012/03/01 3:44 PM posted by: ごう
下河原のりゅさんコメントありがとうございます。メリットとデメリットについては確かに明確にしておいた方が良かったですね。私自身もTPPについての学びは本と論文やレポートや新聞を少々読んでいただけなので道半ばというところです。追って追記とかできたらいいなと思っています。

私的には有識者の方が議論が停滞している今の時期に試算や枠組みをしっかりと考えてもらい政府が早い段階で決定を下していける環境づくりをしていくといいのかなと思っております。

隔週水曜日に更新後各SNSにてプロモーションしているので今後もよろしくお願いします。

p.s.久慈川で釣りでもしながらこういうことが語れたらいいですね。
2012/03/01 7:44 PM posted by: アカホリ
ネットでの情報を見る限りでは、TPPは日本にとってデメリットが多すぎるのではないかと感じています。
特にISD条項、ラチェット規定など。。

日本が有利に交渉を進められるのであればいいのですが、アメリカ相手にはなかなか厳しそうです。

東北の復旧・復興、次の地震に備える建物の耐震化、津波対策など、内需の拡大が優先事項だと思っています。
2012/03/03 2:54 AM posted by: ごう
アカホリさんの言うことも大切なところであまり報じられているところではありませんがISD条項他,懸念されることは確かに多いです。

ただどうしてもその辺りは政治的な面が大きいため私は交渉を対等なものとみなしあくまで経済的な知見からどうなるか考えています。

交渉の面で少し話すと・・時期的には今でしょうね。オバマは親日派だと思われるので今の段階でしっかり話しておき年内に大統領が変わらないうちに手を打つべきでしょう。

東北の復旧・復興については早く進めて欲しいと仮設住宅で過ごしている方の気持ちを考えると思います。ただこの東北を今後活気づけるためにしっかり都市計画を立案して欲しいです。長期的に災害はまた起こると見ても今のうちに次世代日本に大打撃が起こらないように布石を打っておいて欲しいです。

内需の拡大は確かに私も臨んでいますが現実的には民間企業を救いつつ外需を取り込み経済を成長させることで内需拡大に繋げていくのが一番かなと思います。
(個人的にはそこでTPPなのかなという感じです。)

話題は変わりますが・・・
政府と中央官庁の連携が震災以降とれていなかったため遅れているとも聞きます。これはリーダー不足という問題にも繋がりますね。日本の成長を謳うような議論をしながら常々思うことですが教育など日本が疎かにしてきたところが仇となってしまった。日本はもっとベースとなるところから見直していかねばならない時期なのかもしれません。

長文失礼致しました。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ohne-sanpo.com/trackback/1123
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM