2012.01.25 Wednesday 00:22
 おにぎりです。今回は前回に引き続き真田(さなだ)の谷戸ですが、その中から中ノ谷津(なかのやと)についてお送りいたします。

 前回の最後に紹介した水路ですが、あの水路をたどっていくとなんとこんな場所にたどり着きます。

中ノ谷津
まさにラストオアシス@中ノ谷津


 なんと真田の谷戸にも開発を免れた場所があったのです。ちなみに真田の谷戸を地図にしてみると…

真田・谷戸概略図
真田の谷戸概要図


 この谷戸から流れる沢の流れは大まかに二つに分かれ、一つは大谷津(おおやと)の南端から北上し、途中に中ノ谷津を合流してさらに北上するルートです。おそらくはそのまま大根川に注いでいたものと思われます。

 もう一つは与市谷津(よいちやと)から谷津(やと)を経て北上するルートです。与市谷津は現在のウッドパークという造成地のあるところにあたります。

分かれ道
二つの谷戸の分かれ目

 
 上の画像では右が中ノ谷津・大谷津で左が谷津・与市谷津です。この四つの谷戸のうち古くから集落があったのが谷津(やと)で、他の三つの谷戸は谷戸田(やとだ)と呼ばれる水田や果樹園として利用されていたようです。

 そして、谷戸田の面影が谷戸の分かれ目のすぐそばにありました。

谷戸田の面影
谷戸田の面影


 谷戸田の悪水路(あくすいろ:排水路のこと)は水はけを良くするために深くまで掘り込んで板と杭で土留めをしたものが多く、具体的にはこの写真のような感じです。

 ではまた!


バックナンバー
第三十一回『真田へ谷戸の名残をさがしに』
第三十回『お地蔵さんとお山王さんと堂坂』
第二十九回『原 久胤と下大槻』
第二十八回『下谷戸』
第二十七回『大塚所の古墳群』
第二十六回『宮田橋』
第二十五回『田んぼ、名残、学前にて』
第二十四回『南矢名‐曽屋 うとう坂を登る』
第二十三回『真田・大谷津沢を遡る(支流編)』
第二十二回『真田・大谷津沢を遡る(本流編)』
第二十一回『矢名八窪(天保編)』
第二十回『忘れられた清流・雉ヶ谷戸』
第十九回『そもそもなんで大根は「大根」なの?』
第十八回『烏啼谷戸とかない道(後編)』
第十七回『烏啼谷戸とかない道(前編)』
第十六回『落幡ってどんな場所ですか?(後編)』
第十五回『落幡ってどんな場所ですか?(前編)』
第十四回『矢名八窪(南矢名編)』
第十三回『矢名八窪(北矢名編)』
第十二回『おすわさんと諏訪ノ沢』
第十一回『ヒブリとあからしの頃』
第十回『とある根丸島の古代集落』
第九回『横井戸のおはなし』
第八回『大根地区に眠る「塩」の地名・その二』
第七回『大根地区に眠る「塩」の地名』
第六回『南矢名の宿場町・宿矢名』
第五回『北矢名にあった幻の寺院・長昌院に迫る!』
第四回『武将・真田与一と真田城』
第三回『谷戸の街・真田』
第二回『南矢名の景勝地・烏啼』
第一回『一本橋の堰と烏啼の堰』
新コーナー始まります!
| おおねの語り部 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
2012/01/26 7:06 AM posted by: 宴会部長
いつも拝見しています。2枚目の画像は、久保田商事本店の裏山で、相原建設の向かいあたりですね。上に建って建物はハイツユンゲ。久保田商事の社長さんは、昔から「ヤトのおじさん」で通ってたのを思い出しました。
2012/01/27 10:44 PM posted by: おにぎり
>宴会部長様

コメントありがとうございます><*

実は私今住んでるアパートは久保田商事さんの物件なんで後で聞いてみたいと思います(*´д`)

今後ともよろしくお願い申し上げます(・∀・)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ohne-sanpo.com/trackback/1087
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM