2011.12.28 Wednesday 00:10
 こんにちは。おにぎりです。今回は南矢名(みなみやな)にございます「堂坂(どうざか)」を登ってまいりました。

堂坂ふもと小南橋
堂坂ふもと小南橋


 堂坂は南矢名の小南(こみなみ)集落の南側を南に登って行く坂です。上の写真に写っている橋は現在では「萩山橋(はぎやまばし)」といいますが、かつては小南橋と呼ばれていました。

 ちなみに「小南」は全国各地の例では「南に分村した小集落」のような意味ですが、ここより北は丘になっていて古くからの集落は見られません。「萩山」の「ハギ」は「ハケ」「ハガ」などに通じ「崩れやすい山」のような意味と思います。

 現地では下のような地形もみられました。もしかしたら「萩山」の指している場所はここかもしれません。

崖のようにそりたつ山
崖のようにそり立つ山


 更に登っていき、右手に進むと…

日枝神社
日枝神社


 同じく南矢名にある集落、根古屋(ねごや)の鎮守である「根古屋山王(―さんのう)」こと日枝神社(ひえじんじゃ)に到着しました。

 この神社は本来別の場所にあり、この場所にはかつて地蔵堂がありました。そのお堂が坂の名前にもなったのですが、廃仏毀釈により地蔵堂は破壊されここはしばらく空き地となっていました。

その後小田急線が建設されるにあたって日枝神社が遷座することになり、空き地となっていたここに遷座しました。もともとは現在の小田急線と東名道が交差する地点のやや南側にあったようです。

 更に登って行くと、ブロック敷きのきつい坂になりその区間を抜けるとほぼ登りきったのか平らな道が続きます。

 しばらく行って右手を眺めてみると…

茶畑
冬空と茶畑


 冬空の下に茶畑が…!またも大根が誇れる景色を見つけた気分です。ここからさらに進むとバス通りのローソンストアとコープの斜向かいあたりに出て堂坂は終わりです。


 では、本年もお世話になりました。次回は来年1月11日です。

 よいお年を。


バックナンバー
第二十九回『原 久胤と下大槻』
第二十八回『下谷戸』
第二十七回『大塚所の古墳群』
第二十六回『宮田橋』
第二十五回『田んぼ、名残、学前にて』
第二十四回『南矢名‐曽屋 うとう坂を登る』
第二十三回『真田・大谷津沢を遡る(支流編)』
第二十二回『真田・大谷津沢を遡る(本流編)』
第二十一回『矢名八窪(天保編)』
第二十回『忘れられた清流・雉ヶ谷戸』
第十九回『そもそもなんで大根は「大根」なの?』
第十八回『烏啼谷戸とかない道(後編)』
第十七回『烏啼谷戸とかない道(前編)』
第十六回『落幡ってどんな場所ですか?(後編)』
第十五回『落幡ってどんな場所ですか?(前編)』
第十四回『矢名八窪(南矢名編)』
第十三回『矢名八窪(北矢名編)』
第十二回『おすわさんと諏訪ノ沢』
第十一回『ヒブリとあからしの頃』
第十回『とある根丸島の古代集落』
第九回『横井戸のおはなし』
第八回『大根地区に眠る「塩」の地名・その二』
第七回『大根地区に眠る「塩」の地名』
第六回『南矢名の宿場町・宿矢名』
第五回『北矢名にあった幻の寺院・長昌院に迫る!』
第四回『武将・真田与一と真田城』
第三回『谷戸の街・真田』
第二回『南矢名の景勝地・烏啼』
第一回『一本橋の堰と烏啼の堰』
新コーナー始まります!
| おおねの語り部 | comments(0) | trackbacks(1) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ohne-sanpo.com/trackback/1063
2011/12/29 5:11 PM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
お知らせ
東海大学駅前商店街マップ
東海大学駅前商店街MAP

おおねさんぽFacebookページ
東海大学前駅ユーザーや東海大学生に知って役立つ情報を発信中!
プロフィール
神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅の「東海大学駅前商店街」が「東海大学生」とタッグを組んで、商店街周辺と東海大学のお得な情報を掲載しています!
カテゴリ
Twitter
Facebook
おおねさんぽ

Facebookページも宣伝
サイト内検索
モバイル
qrcode
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
最新の投稿
最新のコメント
アーカイブ
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM